「自閉症」関連のニュース - 映画「星の国から孫ふたり」〜「自閉症」児の贈りもの〜

「自閉症」関連のニュース

障害乗り越え大学へ DO-ITJapanの取り組み

肢体不自由、視覚や発達障害を抱えながら大学進学を目指す高校生・高卒者を支援する取り組みが東京都内であっ た。パソコンなどIT機器を活用し、大学や企業で講義を受け、一人一人の夢をかなえるための知識や能力を身に付ける。
 「受け入れ態勢が整っているから、と大学を選ばないで。好きな学科がある、おもしろい先生がいるとか、自分の行きたい大学に進んでほしい」。七月 二十三日、東京都目黒区の東京大先端科学技術研究センター。これから始まる五日間のプログラムを説明した後、中邑賢龍(なかむらけんりゅう)・同センター 教授は参加者に語りかけた。

車いすの高校生、人工呼吸器を付けた若者...。男性六人、女性六人、年齢は十六−二十一歳。視覚障害、骨がもろく折れやすい骨形成不全症、頸椎(け いつい)損傷による肢体不自由、自閉症の一つのタイプとされるアスペルガー症候群、高次脳機能障害による記憶・言語障害や複雑な文章をうまく頭の中で整理 できない−など。軽度から重度まで、参加者十二人はさまざまな障害がある。東京、神奈川、千葉、群馬、静岡、愛知、山口、熊本など各地の高校生のほか高卒者も二人いる。みんなの思いは一つ。大学進学だ。【東京新聞Tokyowebより抜粋】

「自閉症」 "児"だけではなく、発達障害の学生や社会人の方々へのメッセージも、映画のテーマとして忘れてはならない要素だと強く感じます。

『星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜』実行委員会スタッフ


トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「自閉症」関連のニュース
このブログ記事に対するトラックバックURL:
http://hoshinokuni-autism.com/mt/mt-tb.cgi/30

教育产品基地 続きを読む


リンク画像<映画「星の国から孫ふたり」~「自閉症」児の贈りもの~製作協力金(カンパ)募集中!ご支援いただける方はクリックしてください>

"星の国"製作委員会は、映画の製作・上映に向けて製作協力金(カンパ)の募集をしています。映画「星の国から孫ふたり」完成、全国上映の実現のために、ご支援・ご協力をお願いいたします。目標の製作費5000万円、1万人の賛助を目指します。

記事タグ

世界自閉症啓発デー日本実行委員会の公式ページへ 「星の国から孫ふたり」あいち国際女性映画祭の感想文

星の国から孫ふたり~自閉症児の贈りもの~賛同者(応援者)の方々

赤松 彰子 "里の家・助産院"

秋元 良平 "盲導犬クィールの写真家"

有馬 百江 "NPO集合住宅管理組合センター理事"

五十嵐愛子 "新潟青陵大学准教授"

岩城 隆就 "シルバーヴィラ向山・アプランドル向山社長"

岩渕 秀夫 "日本自閉症協会会員、十月舎・増永"

梅村 康有 "(株)六甲出版販売代表取締役"

川名はつ子 "早稲田大学教員"

鎌田 真澄 "リウマチ友の会愛知支部長"

菅野 クニ "元保健師、チーフプロポーションカウンセラー"

木島 知草 "ひとり人形劇・がらくた座主宰"

小島 正美 "毎日新聞社東京本社生活家庭部編集委員"

河野美代子 "河野産婦人科クリニック院長"

後藤 節子 "秋田児童館館長、あきた子どもネット代表"

坂巻 克巳 "岩波書店・編集者"

武田富美子 "日本赤十字北海道看護大学教員"

千場  純 "横須賀市医師会理事"

堤  興亞 "一級建築士、(株)ベルプランニング社長"

徳永 瑞子 "アフリカ友の会代表 聖母大学教員"

久田  惠 "「母のいる場所」原作者、ノンフィクション作家"

蛭川  克 "北野同窓会71期有志代表"

福原壽万子 "医療法人社団文寿会 福原病院理事長"

藤元眞紀子 "社会福祉法人いきいき牧場理事"

松井 寛子 "おふぃす風まかせ"

松本侑壬子 "映画評論家"

村瀬 幸浩 "一橋大学・津田塾大学講師"

米倉斉加年 "俳優"

[社]企業メセナ協議会助成金制度認定下りました! 文化庁芸術文化振興基金助成に向け準備中です














ページのトップへ