松本上映会の感想文|映画「星の国から孫ふたり」〜「自閉症」児の贈りもの〜
  • 星の国から孫ふたり予告篇の動画リンク
  • 星の国から孫ふたり最新上映スケジュール一覧

松本上映会の感想文(新着から抜粋)

本人・家族 (女性)  ★一言メッセージ 「 」

障害というより個性のちがいというべきではないかと思います。

障害というより個性のちがいというべきではないかと思います。
ゆっくりゆっくり育ってゆく子供達なのですね。
実は私にもこの自閉症に似た孫がいます。様子がよくわかります。歌や踊りにとても興味を持っていますが、よく話せないし、やはりこだわりがあります。親は育てるのが大変でしょうが、この子の個性をのばすことができれば大きな幸せと思います。人間は皆いっしょでないといけないのではなく、皆ちがっていていいと信じてゆきたいと思ってます。

その他不明 (女性)  ★一言メッセージ 「 」

多くの障がいを認めながら、世の中が良くなって行く事を祈ります。

とても考えさせられた映画に思います。
素晴しい作品に感動する反面、理解ある家族・地域がどれくらいいるかと思うと、大変苦労が多い現実に考えさせられます。
自閉症ばかりでなく、地域の中で、子供が成長していく。人々の目で、子供を見守り、育てて行く事が大切と考えさせられました。孫を世に出す事は自分が成長していく事である。多くの障がいを認めながら、世の中が良くなって行く事を祈ります。ありがとうございました。

その他不明 (女性)  ★一言メッセージ 「 」

勉強になりました。

勉強になりました。
ありがとうございました。

その他不明 (女性)  ★一言メッセージ 「 」

自閉症を大勢の人に理解が広まっていく事を願っています。

私の友人にも自閉症と云われているか?はわかりませんが、発達障害を持ったお孫さんとの係わりを大変大切に考えて、その子には勿論、その子の両親に対しても上手に力を貸してあげて、前むきな日々を過ごしている人がいます。
今日の映画のように暖かい心を持って、その子に寄り添い成長を見守っている姿に、いつも頭が下がる思いです。自閉症を大勢の人に理解が広まっていく事を願っています。

その他不明 (不明)  ★一言メッセージ 「 」

現実ではもっともっと親や学校、保育園では過酷ともいえる生活になっていると思います。

とかく、みんな同じがよかったり、既製のワクに入れてしまう今の日本。
「困った子」から「星の国からきた違う能力を持つ子」「本当はこの子たちが一番生きにくい」ということをとても美しく表現されていて、すばらしかったです。
現実ではもっともっと親や学校、保育園では過酷ともいえる生活になっていると思います。
でも、社会全体がいろんな個性を認め合えるように、私たちが訴え、伝え合っていきたいと思っています。多くの人に観てほしいですね!!

その他不明 (女性)  ★一言メッセージ 「 」

自閉症の事を知る良いきっかけとなりました。

自閉症の事を知る良いきっかけとなりました。
もし自分の子供が自閉症だったらと思うと、荷の重さにたえられないと思い、想像するのも恐いのが正直なところです。
家族だけでなく、他人でも理解が必要だと思います。ぜひ、多くの人に映画を見てもらいたいと思いました。

その他不明 (男性)  ★一言メッセージ 「 」

言葉では知っていたが、自閉症とは?の入口に入れた感じがしました。

(自閉症)言葉では知っていたが、自閉症とは?の入口に入れた感じがしました。
地域の協力必要なんですね。身近にいたら、どんな協力が私自身できるのか!

本人・家族 (女性)  ★一言メッセージ 「 もう一度みたい 」

少しでも発達障害がうけいれられ、理解が進んでほしいです。

とても素敵な映画でした。
自分の子供も下の2人が自閉症までではないのですが、広汎性発達障害があるため、とても心にひびくものがありました。
まだまだ日本国内では、目に見えない障害をもっている人には、生きにくい状況です。少しでも発達障害がうけいれられ、理解が進んでほしいです。また、このような映画が日本各地で多くの方の目にとまってほしいと思いました。

その他不明 (男性)  ★一言メッセージ 「 」

命の尊さ、ぬくもりの大切さを感じました。

命の尊さ、ぬくもりの大切さを感じました。
自分が苦労していると思ったらそれぞれ皆違った苦労がありますネ。元気づけられました。
人形劇も良かったです。自閉症児に理解を持とう。ダンスもおもしろかったです。

その他不明 (男性)  ★一言メッセージ 「 」

それの対応に専門技術のサポートの必要性が痛感する。

それぞれの障害の違いの有無が理解出来た。
それの対応に専門技術のサポートの必要性が痛感する。
知らざること、輪を広げることにこの企画は大いにプラスしていると思う。

本人・家族 (女性)  ★一言メッセージ 「 」

少しでも自閉のことを知ってほしいと思います。

一口に自閉いっても、いろいろなタイプがあって、程度も様々です。
そしてどこにでもいるんだという事が、わかりやすく伝わってきました。できればたくさんの人に見てほしいと思いました。親なのでなんだか身につまされてしまいましたが、当事者でない人たちにぜひ見て、少しでも自閉のことを知ってほしいと思います。
監督さんのお話を聞けたのもあまりない機会で参考になりました。

その他不明 (女性)  ★一言メッセージ 「 」

前向きに明るく、本当にステキでした。

自閉症という言葉は知っていましたが、どんな様子なのかな?と思いつつ見させていただきました。ピュアな心の子供たちに積極的にかかわっていく、親や家族の方々がすばらしいです!
前向きに明るく、本当にステキでした。
一人一人が症状が違う事を知りまして、いろいろなプレゼントをもらっていると考える事じたいが、本当にすごいと思いました。槙坪先生のご苦労に感謝いたします。すばらしい映画をありがとうございます。お身体大切にして、またすばらしいものをお願いします。

その他不明 (女性)  ★一言メッセージ 「 」

みていて、すがすがしくなれる映画でした。

自閉症の子供に、まわりのご家族、関わる方の思いやりややさしさがあれば、一諸にみとめあって生きていける。その子らしさを大事に、いとおしく思い、感謝もわいてくる。みていて、すがすがしくなれる映画でした。
槙坪監督さん、すばらしい映画をありがとうございました。
子供たちがとてもかわいかったです。私も子育ての時、子供の心の声をもっと聞いてあげればよかったナと思いました。

その他不明 (不明)  ★一言メッセージ 「 」

私も障害をもつ者として、勉強させられました。

私も障害をもつ者として、勉強させられました。
そして、勇気をいただき感謝しています。これからも、もっともっとたくさんの人々にこの映画を広めてください。ほんとうにありがとうございました。

福祉関係者 (女性)  ★一言メッセージ 「 」

これからも支援していく勇気がもてたように感じました。

現在、障害者の福祉施設で生活介護の看護師として勤務しています。
自閉症の利用者の方の生活支援に大変苦慮していましたが、今日の映画を観て、わずかですが彼達の心をわかってあげられる、そして、これからも支援していく勇気がもてたように感じました。
まだこれからも自閉症の方について学習し、理解出来て、支援していけるように、とても参考になりました。良い映画をありがとうございました。


「星の国から孫ふたり」広島サロンシネマ&シネツインにて2週間ロードショー 「星の国から孫ふたり」第七藝術劇場にて2週間+ロードショー 世界自閉症啓発デー日本実行委員会の公式ページへ 「星の国から孫ふたり」ポレポレ東中野にて2週間ロードショー 「星の国から孫ふたり」あいち国際女性映画祭の感想文 [社]企業メセナ協議会助成金制度認定下りました! 文化庁芸術文化振興基金助成をいただきました











-->