松本上映会: 本人・家族アーカイブの感想文|映画「星の国から孫ふたり」〜「自閉症」児の贈りもの〜
  • 星の国から孫ふたり予告篇の動画リンク
  • 星の国から孫ふたり最新上映スケジュール一覧

松本上映会の感想文(本人・家族の方一覧)

本人・家族 ・・・ (女性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 」

障害というより個性のちがいというべきではないかと思います。

障害というより個性のちがいというべきではないかと思います。
ゆっくりゆっくり育ってゆく子供達なのですね。
実は私にもこの自閉症に似た孫がいます。様子がよくわかります。歌や踊りにとても興味を持っていますが、よく話せないし、やはりこだわりがあります。親は育てるのが大変でしょうが、この子の個性をのばすことができれば大きな幸せと思います。人間は皆いっしょでないといけないのではなく、皆ちがっていていいと信じてゆきたいと思ってます。

本人・家族 ・・・ (女性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 もう一度みたい 」

少しでも発達障害がうけいれられ、理解が進んでほしいです。

とても素敵な映画でした。
自分の子供も下の2人が自閉症までではないのですが、広汎性発達障害があるため、とても心にひびくものがありました。
まだまだ日本国内では、目に見えない障害をもっている人には、生きにくい状況です。少しでも発達障害がうけいれられ、理解が進んでほしいです。また、このような映画が日本各地で多くの方の目にとまってほしいと思いました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 」

少しでも自閉のことを知ってほしいと思います。

一口に自閉いっても、いろいろなタイプがあって、程度も様々です。
そしてどこにでもいるんだという事が、わかりやすく伝わってきました。できればたくさんの人に見てほしいと思いました。親なのでなんだか身につまされてしまいましたが、当事者でない人たちにぜひ見て、少しでも自閉のことを知ってほしいと思います。
監督さんのお話を聞けたのもあまりない機会で参考になりました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 」

自閉症のことを知らない人には、とてもわかりやすかったと思います。

自閉症のことを知らない人には、とてもわかりやすかったと思います。
お母さんの苦悩の描かれ方、実際、母の立場だと泣きたいことばかりで、自閉症とわかった時、受け入れるまでもっと時間がかかったりすることもあると思います。現在、うちの子も(自閉症です)思春期で大変な時期です。周りになかなか理解されないこともあり、それがまた母の新たな苦悩です。ぜひ、成長した王子、姫の続編で、描いていただければありがたいです。ありがとうございました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 もう一度みたい 」

映画の中で、そうなんだよね!!と思う行動がいっぱいありました。

自閉症の子を持つ親です。
映画の中で、そうなんだよね!!と思う行動がいっぱいありました。大変さを感じながらも、やっぱり日々の成長がとてもうれしくて、ゆっくり見守って、いっしょに成長していきたいと思っています。とってもはげみになる映画でした。
これから就学をひかえて不安もいっぱいですが、いろんな人に関わってもらいながら頑張っていこうとあらためて思いました。ありがとうございました。

本人・家族 ・・・ (男性) (10代)  ★一言メッセージ 「 」

自閉症の、じゃなくても才能溢れるアーティストが生まれてくれることを楽しみにしています。

自閉症の人には凄い才能があってことは色々なドラマ例で言えば草薙(SMAP)の出ていた『僕の歩く道』や映画『タイトル忘れました』が、ブルース・ウィルスの出ていたもの。
自閉症の、じゃなくても才能溢れるアーティストが生まれてくれることを楽しみにしています。らんらんみたいな。

本人・家族 ・・・ (女性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 」

孫も自閉症です。

身につまされる思いです。
孫も自閉症です。娘夫婦は一言も泣き事をいわず接しています。いつも明るくふるまっています。どこからそんな力が出てくるのか不思議でした。ただ一度、ここまで来るのに時間がかかったと涙ぐんだ事があります。まわりの人達の支援もある様で幸せです。私自身も心の底から変らないと、という思う今日一日でした。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 自分の地域でも上映したい 」

自閉症児の子育ては、健常児の子育て以上にパワーが必要です。

自分の子供、昔の自分と重ねながら、見させていただきました。
自閉症児の子育ては、健常児の子育て以上にパワーが必要です。でも喜びもいっぱいです。(将来を考えると不安ですが)今回は託児の事など、細かい心配をいただき安心して気楽に参加する事ができ感謝しています。ありがとうございました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 発達障害の親の会の皆さんに紹介したい 」

息子と出会い私自身のものの見方、世界は広がりました。

すごく素晴らしい映画でした。
私自身も、発達障害を持つアスペルガー症候群の長男との暮らしを、体験してきて感じてきた様々な思いをもういちど深く受けとめ感じ直す機会になりました。
息子と出会い私自身のものの見方、世界は広がりました。たくさん悩んだけれど、私にとって大切なことを今も息子は伝え続けてくれています。素敵な映画の上映ありがとうございました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 もう一度みたい 」

今までに映画でこんなに泣いてしまったのは、はじめてです。

映画を見て、何度も涙と鼻水が流れてきました。
今までに映画でこんなに泣いてしまったのは、はじめてです。
息子(5才)が自閉症のため、母親の気持ちがとても分かるので、と言うか代弁してくれてる様でした。もっと沢山の人に見てもらいたいし、もう一度見たいと思いました。自閉症の子供たちは、私たちに大切なものは何かを問いかけているのではないかと(人間のあり方の原点は何かなど・・・。)思います。
大変(この国で生きていく、生きてもらうには)ですが・・・。

本人・家族 ・・・ (男性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 自分の地域でも上映したい 」

重度の自閉症+知的障害を持つ親として観させていただきました。

重度の自閉症+知的障害を持つ親として観させていただきました。
親だけでは対応できない部分があります。サポートチームをつくる事が大切と思いました。現在、養護学校の高等部を卒業すると、受入れてもらえる施設がほとんど無く、映画でも親が亡くなったらと思うと不安もあります。また障害の理解も地域ではままならない状況です。映画による理解は良いと思いました。きのうは県PTAの陳情で上記の施設の設置をうったえて来ました。県の職員に観てもらいたいと思いました。

本人・家族 ・・・ (男性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 」

我が家と家族構成が全く同じでとても共感が持てました。

我が家と家族構成が全く同じでとても共感が持てました。子供へ向き合う姿勢について改めて考えさせられました。無条件に愛すること、与えることが大切なのだとわかりました。

本人・家族 ・・・ (女性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 もう一度みたい 」

ゆるやかな発達をじっと見守れる国にしたいですね。

ヘレンケラーのお話を芝居で観た時から、アメリカとくらべて、特殊教育についてのおくれを通感させられていました。近所にダウン症やなん聴の子が居て、通学に苦労している親を見ていましたが、ゆるやかな発達をじっと見守れる国にしたいですね。きちんと、公平に。
この国は、知らされない事が夛過ぎますが、こんなことも、いっぱい知らせてほしいですね。
孫たちにも少々発達障害があるので、人ごとではありません。とても得るものが夛かったです。いつも本当に考えさせられる、すばらしい作品をありがとうございました。

本人・家族 ・・・ (女性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 」

お母さん達には、どこまでも子供たちを心から愛してほしい。

かつて自分が子育て(知的障害児+発達障害)した時、なかなか周囲の理解が得られず悩み苦しんだ時期がありました。そんな時出会ったある先生に、「世の中を変えようなんて思っちゃダメだよ。1人1人子供の周りにいる人たちに理解をしてもらう為に努力し、理解者を増やせばいいんだよ」と言われ、どんなに肩の力が抜けた事でしょう。
20数年前に比べれば、障害児への理解は深まったとは言え、その頃と今は状況が大きく変わったとは言えない様に思います。今回の映画と監督さんのお話で改めて思わされました。
お母さん達には、どこまでも子供たちを心から愛してほしい。そして、私も周りで支えていきたいと思いました。

本人・家族 ・・・ (女性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 」

私も、少しでも手助けが出来たらと思います。

本当に感動しました。
私には7人の孫がいますが、こんな素敵なおばあちゃんになれたらと心から思いました。
私のところのお嫁さんも、いろいろの方面で活動しています。私も、少しでも手助けが出来たらと思います。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 もう一度みたい 」

自閉症の娘を持つ母として、とても共感できる事があり感動しました。

自閉症の娘を持つ母として、とても共感できる事があり感動しました。
かおるのお母さんのように強くなれたらいいなと思います。
家族、地域の人の協力あって成長していくんだなぁ〜アメリカで育ちたい!育ててあげたい、と感じます。日々大変だけど、少しずつ成長していく娘と一緒にこれからも頑張らなきゃ〜と思います。星の国からお姫さんだから・・・ネ。かわいい〜という気持ちをこれからも大切にしたいです。ほんとにありがとうございました。貴重な時間でした。
※親だけでなく地域の方や兄弟にも見てもらいたいです。スタッフのみなさまごくろうさまでした! ありがとうございました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 」

社会全体が障害を理解しサポート体制が早く充実するよう願います。

私のおいが自閉症です。
身近に居ながら、自閉症の事を良く理解していなかった事が、この映画を見てよくわかりました。そして、身内である姉に対してのフォローを何もしてこなかった事を反省しました。おいは今年小学校にあがりましたが、理解・協力のない行政と姉はよく戦っています。社会全体が障害を理解しサポート体制が早く充実するよう願います。

本人・家族 ・・・ (女性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 」

地域や級の仲間にどうやって理解してもらうのか、むずかしいことです。

嫁が木島さんの講演きき、を遠くてみにゆかれないからと「ばぁば」の私に是非みにいってほしいとTelがありました。孫もアスペルガーです。3才のとき以前から少し変と思っていた私が専門の先生に診てもらうようにいって診断がくだされました。
映画をみてみると「うなずけること」いっぱい。幸い家族みんなの理解はありますが・・・この映画のように地域や級の仲間にどうやって理解してもらうのか、むずかしいことです。今小2ですが私も嫁(彼女も孫とにています)の心とかを理解しないと反省させられたり・・・嫁の所でも上映会ができるようすすめたいと思います。

本人・家族 ・・・ (女性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 自分の地域でも上映したい 」

私の子どもはアスペルガーです。

自閉症について分りやすい内容になっていると思います。
よく分らない方に理解を深めてもらうのにとても良いと思います。短い上映時間の中に色々盛り込むのは難しい、と思いますが、欲を言えば、子供の特性を受け入れるまでの親の葛藤をもう少し描いて頂ければ、と思いました。私の子どもはアスペルガーです。なので、この映画の子どもの様な行動はしませんでした。勉強になりました!
早期発見・早期療育は本当に大切だと思います。

本人・家族 ・・・ (女性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 自分の地域でも上映したい 」

教員の方々も知識や経験がないことはまさに描かれているとおりだと思います。

自閉症の息子がいるので、小さいころそうだったなあと思って思い出しながら見ていました。
支援する資格、知識を持っている人がいない、教員の方々も知識や経験がないことはまさに描かれているとおりだと思います。限りある支援を有効に使って、自分達でも工夫し、手をとりあって日々くらしています。今は息子は中学生で、きょうも松本までは一緒に来て、ひとりでバスを利用し、松本見物をしています。そういう続編もぜひ作ってください。

本人・家族 ・・・ (女性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 」

私も横浜に外孫に居て、2才の時自閉症と診断されました。

私も横浜に外孫に居て、2才の時自閉症と診断されました。
現在7才ですが、たまに来る位では良く理解出来ませんでした。
息子と嫁の大変さ、本人のいらだち・・・毎日大変な物があると思います。遠くに居て手助けは出来ませんが、両親にねぎらいの言葉を忘れないようにしたいと思います。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 」

私の4才の長女は、高機能自閉症と診断されています。

映画、楽しく見させていただきました。障害に対して、比較的暗い気持ちになるものなのに、明るい気持ちにさせてくれるいい物でした。私の4才の長女は、高機能自閉症と診断されています。そのため現在、療育保育園に通っています。そのおかげで、本人の様子もだいぶ変わってきました。ありがたく感じています。しかし、まだまだ自閉症のことについて知らない方々や、みとめたくない親子さんが多いことも知りました。この映画を通して、色々な人々が知識を深めていけばいいとおもっております。
素敵な映画をありがとうございました。

監督さん、お体が大変なのに全国を飛びまわっていてお疲れですよね。お身体気をつけて下さい。

本人・家族 ・・・ (男性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 映画の製作に感謝します 」

娘夫婦の日常は、正に映画の如くです。

孫の多動性、対話関困難など観てきたが、今は、それを受容するしかなすべき方がない。娘夫婦の日常は、正に映画の如くです。
コミュニケーションが出来るようになる方策は何かないか、と思っているが現状では先が見えない。唯、受容していればいいのか。存在生活が続いていけばよい・・・と納得できない・・・が。
涙が溢れる映画でした。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 もう一度みたい 」

無条件の愛、最高です。

私の子供も自閉症(1人自閉症、1人てんかんの2人)なので、今日これて本当によかったです。ありがとうございました。私も病院に週に一度かよい療育中です。無条件の愛、最高です。

本人・家族 ・・・ (男性) (不明)  ★一言メッセージ 「 もう一度みたい 」

勉強になりました。

自閉症でも回りの人たちの協力、理解する事によって明るく生きられるんだと思いました。
勉強になりました。私も我が子が自閉です(2人)頑張りたいと思います。

本人・家族 ・・・ (女性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 」

問題の見方を変えてみたらと言われた様な気がしました。

日常生活をすっと切り取った様な場面でありながら(あーよく見るこんな人たち)・・・なんて暖かいのだろうかと???なのです。こんなふうに、人とおつき合いしていけば、いいんだなぁと教えてもらっているみたいです。54才の私もずっとかかえている私の障害は何? なぜこんなに日々が苦しいの?の答えは、問題の見方を変えてみたらと言われた様な気がしました。

本人・家族 ・・・ (男性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 」

孫が発達自閉症と知り、どうむかい合ったらよいのか・・・

孫が発達自閉症と知り、どうむかい合ったらよいのか・・・この映画を見て孫の気持を知ることができました。周りの多さんの皆に知ってもらうことが必要です。

本人・家族 ・・・ (男性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 」

自閉症児(長男高校1年生)の父です。

自閉症児(長男高校1年生)の父です。
自閉症は今ではメディアに取り上げられるようになりましたが、それでも誤解している人が多い状況です。そのような人たちに自閉症や自閉症児・者に関わる人たちの状況を理解してもらえたと思います。また、長男は最近他害行為が見られ、私もつい感情的な対応をしてしまうのですが、そのような対応を改めなければと思いました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 」

小、中、高学校、保育園などいろいろな場所での上映を心より希望します。

自閉症障害児親です。重度で知的障害もあり、家族がそれぞれ用で出掛けてしまい、母子2人の時間が長く、みんなに囲まれて過ごしている2人を観てうらやましく思っています。
このすばらしい映画を小、中、高学校、保育園などいろいろな場所での上映を心より希望します。ありがとうございました。

本人・家族 ・・・ (女性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 」

ぜひ私自身、孫をりかいしてやりたく参加しました。

5才の孫がことばのおくれから、3才位から気にしていました。今年の6月の発達のくんれんの時に自へい症と診だんされ支援をうけています。
保育園の方にも協力していただき、孫の事を受け入れていただき、いろいろアドバイスをしていただいています。今日の回をしり、ぜひ私自身、孫をりかいしてやりたく参加しました。とてもやくにたちました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 」

私の長男も広はん性発達障害と診断され、現在療育に取り組んでいます。

私の長男も広はん性発達障害と診断され、現在療育に取り組んでいます。
5才の長男は、今だに会話はもちろん単語もほとんど発しません。自閉症のこと、私自身、両親、夫にもっと理解してもらおうと思い参加させてもらいました。息子は、新しい環境がすごく苦手。パニックドになります。安心できる人がいると、ちがうのですが・・・。私の子育ての中でも普通の子と比べ落ち込むことも多い日々ですが、この子は色々な障害をもち合わせて今の子と思い、今の子育てを楽しみたい。この子なりのやさしさ、良さを沢山みつけてあげたいと思いました。もっともっと、この病気の理解が広まりますように。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 」

4才になる発達障害の子供を持つ母親です。

4才になる発達障害の子供を持つ母親です。
最近いけないと思いながらも子供に対してイライラが募り怒ってしまうことが多く少し悩んでいました。しかしこの映画を見て改めて子供の存在の有難さや関わり方を気付かせていただきました。有難うございました。映画を見て本当に良かったです。もっとこの映画が多くの人に見てもらうことができ、多くの人に自閉症の事に対して理解が深められることを望んでいます。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 」

私にも発達障害の娘(5才)がいます。

私にも発達障害の娘(5才)がいます。映画の中の家族の気持ちが本当によくわかり、共感できました。療育とは愛情を持って接し触れ合うことというのが印象的でした。私も娘のことは本当にかわいくて、いつも「生まれてきてくれてありがとう」と思っています。本人のためにもまわりに発達障害をもっともっと知ってほしいと思います。この映画で1人でも多くの方に発達障害のことを知ってもらえたらうれしいです。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

早期発見、早期療育ほんとうに大切だと思います。

早期発見、早期療育ほんとうに大切だと思います。
息子は4月より中学三年生です。中一より不登校となり、発達障害であり二次障害に至りました。小学生の頃はあまりのヤンチャに学校の担任の先生に伺ったりしましたが良い子でいますよ!と言われ発見も遅れてしまい。子供には、辛い思いをさせてきてしまっていたんだと心が痛みました。
日々いろんな葛藤の中、この映画を観させて頂き、勇気をもらえました。

本人・家族 ・・・ (男性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

身につまされて拝見させて戴きました。

小生73才、内外孫含め6人おります。外孫2人(双子)4才が自閉症です。2番目の子と兄との成長度合いが異なりますが身につまされて拝見させて戴きました。
有難う御座居ました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

10才自閉症児の母親です。

10才自閉症児の母親です。
前回の上映会を父親が見て、良かったとのことで、私も参加しました。今日は9才の妹も一緒に見に来ました。どのくらい、自閉症のことを理解できたか・・・? 妹は変なことを言ったり、大声を出す兄のことを嫌がるようになり、ちょっと複雑な時期になってきました。今日の映画で、少しでも理解が深まればと思います。まだ幼かった頃のことを思い出し、涙が出てしまいました。よくできている映画でした。夫の父もばあばのように、本当によく息子を可愛がってくれます。周りの人みんなが、理解して、温かい世の中になることを願っています。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 10/30・31にみた 」

感動的しました。

ドアにひたいをぶつけている時、そっとうでを差しのべて痛みにたえているカオル、感動的しました。前回は意味が良く理解出来ていなかったので、そんな物かと思っていましたが、今回は良く良く観ました。
子供がとび回ってすみません。

本人・家族 ・・・ (女性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

孫の7才男の子がアスペルガー発達障害です。

孫の7才男の子がアスペルガー発達障害です。
3才の時に診断され、映画の子供と似たところがありました。今日まで娘は専門の先生などのところを訪れ、勉強して私にもその都度話をしてくれ、出来るだけ協力してきました。
小2に四月になりますが、皆さんに愛され素直に育っており感謝しております。私も社会に出来るだけ協力したいと思います。

本人・家族 ・・・ (男性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 10/30・31にみた 」

自閉症をもつ子どものことをりかいしてみなさんに知らせてほしいね。

自閉症をもつ子どものことをりかいして
みなさんに知らせてほしいね。

本人・家族 ・・・ (子供) (10代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

たのしかった!!

たのしかった!!

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

どこの国から来ても、どこに居ても大事な子どもたち!

のんびりできました。
我が子をゆっくりみて来なかったかなーと・・・。
どこの国から来ても、どこに居ても大事な子どもたち!
自閉症だって、さわぐより、その子の目を観ると元気になれますよね。
観に来てよかったです! ありがとうございました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

よい映画をありがとうございました。

よい映画をありがとうございました。
ゆっくり成長するタイプの子どもたちと、また、すごす毎日が始まります。出会えてよかったと思える出会いを大切にしたいと思います。

本人・家族 ・・・ (女性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 みた感動を伝えたい 」

とても大きな希望と楽しみと勇気をいただきました。

感動致しました。
私の孫も双子で自閉症ですが、とても大きな希望と楽しみと勇気をいただきました。孫達の気持が理解出来る様まだまだ勉強したいです。娘夫婦の孫に対する接し方を見ていると、事情に応えんしたくなります。かんとく様もお身体を大切に、良き作品を期待してます。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

是非各学校の教材として配布して下さい!

実の親でも軽度アスペの子の心を知るのはとても難しい。
よく夫と「今は何を考えているのかね?」と話すことがよくあります。大きな声を出したり、パニックが何故おこるのか、本人が何を欲求しているのか、分らなくても、わがままでこうなっているのではないという事を第三者の人達に理解してもらえる映画だったと思います。是非各学校の教材として配布して下さい!

本人・家族 ・・・ (女性) (10代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

中学では特別しえん学級に入っています。

自分は病院で「高機能自閉症かアスペルガー症こうぐんではないか」と言われました。中学では特別しえん学級に入っています。映画を見て、自分のこと、苦手なこと、同じしえん学級の子のこと、もっと知りたい、知ろう、と思いました。

本人・家族 ・・・ (女性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

映画を観て大変勇気を与えられました。

我が家にも映画と同じ子供達がいます。障害の理解も無く、ただ叱ったり、診断されるまでに子供には迷惑をかけてきました。現在は治療を行いながら楽しく、自分達親も成長しようと努力しています。映画を観て大変勇気を与えられました。ありがとうございました。

本人・家族 ・・・ (女性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

息子は高機能自閉症です。

かおるくんんとらんらんのバーバみたいなサポーターがいてくれたらいいナー。息子ももうちょっと違っていたかな!? 本日は息子のツリの師と来ました。息子のこと少しはわかってくれると嬉しい限りです。息子は高機能自閉症です。でも私はビルゲイツを育ててるつもりです。

本人・家族 ・・・ (女性) (不明)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

心の病いとか、親との関係とかで理解されていない事が多いです。

ありがとうございました。
心の病いとか、親との関係とかで理解されていない事が多いです。私もくわしくは知りませんが、15年ほど前にサークルで知りました。その頃は親の心も大変で頭と心のせめぎ合いは今以上だったのだろうと思います。みとめることさえ出来なかったと思われます。側で見ていた私は、その子供達と親にさしのべる力は小さいものでした。がんばって下さい。

本人・家族 ・・・ (子供) (10代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

かおる君とらんちゃんがいきいきしてるすがたがカッコよかった。

この映画ははじめてみるんだけど、かおる君とらんちゃんがいきいきしてるすがたがカッコよかった。お母さんといっしょにスタッフとして手伝いたい!

本人・家族 ・・・ (女性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

自閉症への理解を映画界を通して広がっていくといいね。

孫を連れて映画をみに来ました。自閉症への理解を映画界を通して広がっていくといいね。バーバーのように私も大らかに娘の子育てを見守りながら孫の成長を見守っていきたい。いいメッセージを頂きました。ありがとうございました。

本人・家族 ・・・ (女性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

この映画を見て更に勇気づけられました。

家にも現在1年生、4月から2年生になる孫がいますが、保育園の時、保育師さん、園長さん等が、見つけて下さり自閉症だという事を知りました。外観では何もわからないから他人にはわかってもらえる事が少ないです。でも嫁さんは、小学校のクラスで親達の集まりの時に、実は・・・という事で皆に話したそうです。そうした事で学校の先生達もそう言う目で教育してもらえるようになったそうです。特別室で数人の生徒で学習する事が出来ているようです。この映画を見て更に勇気づけられました。孫はかわいいです。子供に教わる事沢山ありますネ。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

私の息子は2歳の時に発達障害と診断されました。

私の息子は2歳の時に発達障害と診断されました。(現在5歳)まさか・・・「障害?」って・・・今でも正直受け入れられません。ちょっと他の子よりコミュニケーション能力が劣るだけで? 障害って・・・。日々そんなかっとうです。二人目ももしまたそうだったらと思うと兄妹も作ってあげることができません。そこでもまたかっとうの日々です。まわりに理解されず、一番つらいのは自分の親に"どうしようもない子供だ、なんて手のかかる子供だ"と私に言われることです。バーバのように理解のあるお母さんがそばにいてくれたら、私もずいぶん救われたのにと思いました。子供にやさしく接することができるように私も勉強が必要だと思いました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

映画の中のお母さんと同じ思い気持ちで子育てしています。

映画の中のお母さんと同じ思い気持ちで子育てしています。私は喜びの気持ちより大変だ、とマイナスの気持ちが強いです。本当にあふれるパワーの子ども達(兄妹とも発達にかたよりがあります)を外に連れていけば、注意されることと冷たい視線ばかり・・・知っていてくれる人達が多くなってくれたら!と思います。小学校でも特別支援学級が居心地のよい場所となってくれたらとー。環境を整え、その子をわかってあげる人が増えたら生活しやすくなるのになぁと思いました。映画を見て、視点を変えプラスに受け取る自分になりたいと思ったと共に、自分の子育ての大変さ、伝えることが上手にできない子ども自身の生きていく大変さが、他の方にもわかってもらえたことで少し気持ちが軽くなる気がしました。大勢の方にみてもらいたいと思いました。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

双子の子供が小4で転校がきっかけで、二人共不登校になりました。

双子の子供が小4で転校がきっかけで、二人共不登校になりました。その後支援学級でお世話になり、今中2です。子どもの心診療部で今年になり高機能自閉症ではないかと言われ、今自分の中ではまだ受け入れられない状態です。確かにコミュニケーションは苦手ですが、穏やかな子供達です。この映画をみて、障害があろうがなかろうが、大切な子供ということにかわりはなく、今の世の中先のことを考えると不安もありますが、今この時間を穏やかに過ごせることに感謝したいと思います。

本人・家族 ・・・ (女性) (20〜30代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

オーティズムを知らない人たちへのメッセージになるのでは。

もともと原作を読んで興味があり、(前回の上映会を見られなかったので)今回見にきました。私の長男はアスペルガー、次男は広汎性発達障がいと診断されています。映画の中に出てくる"健太くん"という少年、うちの長男と同じ名前でみているうちにわが子とダブって涙が思わずポロポロと出てきました。あー、大変なのうちだけじゃないぞ、みんな、泣いて笑って、感動して・・・みんながんばっているという勇気をもらいました。原作ではアメリカにおける療育システムなどが日本に比べてものすごくすすんでいることを沢山知り、参考になりました。逆にこの映画ではオーティズムを知らない人たちへのメッセージになるのでは・・・1人でも多くの方々にみていただきたいな・・・と思いました。

本人・家族 ・・・ (女性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

たくさんの方々にみてほしいです。

私も身障の息子の母親。発作もひどく、小さい時は、家族の中で家族にかこまれ大きな事故もなく育てれば良いと考えていましたが、ある時期外に出して多くの人々との接触を持つことが必要であることがわかりそれ以来思いがけない発見を数々経験しました。可能性を信じ前向きに生きる大切さをおくればせながら実践する毎日です。今日の映画私の知らない世界をみせてくれた映画でした。たくさんの方々にみてほしいです。がんばりましょうね。

本人・家族 ・・・ (女性) (40〜50代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

とてもいい、納得できる映画でした。

私の子供も身障、知的、自閉症と3障害ある、りっぱな障害者25才です。映画を見ていて「このところはうちの子にもあるある、このところは理解できる」とうなずいて見ていました。自閉は一つのこだわりを十分やりつくすと次のこだわりと移っていきます。親としては次のこだわりは「何かな」と考える時があります。しかし大変なことばかりではなく、今は絵を書いています。それがとてもすばらしく私達では決して使わない色彩を使います。今はそれが私の子供じまんになています。子供に毎日、喜びと苦しみをいただいています。う〜ん、喜びが少し多いかな。とてもいい、納得できる映画でした。

本人・家族 ・・・ (女性) (60〜70代)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

34歳になる発達障害の子を持っています。

34歳になる発達障害の子を持っています。学校生活はいろいろあっても、まあ本人もよかったと思ってるいるのですが。世間に出てからがその何倍も大変で心配です。大人になってからの指針というか懸り方を学びたい思いです。

本人・家族 ・・・ (女性) (80代以上)  ★一言メッセージ 「 はじめてみる 」

大変感動致しました。

身内にも多少の?を持たれる子供がおりますので、そうした事に後ろ向きな考えを持っておりましたが、非常に明るく前向きに人間的に考えるべきだと考えが変わりました。私は85才の老婆ですが、若いお母様たち、頑張ってください。あの世から応援しております。


「星の国から孫ふたり」広島サロンシネマ&シネツインにて2週間ロードショー 「星の国から孫ふたり」第七藝術劇場にて2週間+ロードショー 世界自閉症啓発デー日本実行委員会の公式ページへ 「星の国から孫ふたり」ポレポレ東中野にて2週間ロードショー 「星の国から孫ふたり」あいち国際女性映画祭の感想文 [社]企業メセナ協議会助成金制度認定下りました! 文化庁芸術文化振興基金助成をいただきました











-->