映画「星の国から孫ふたり」〜「自閉症」児の贈りもの〜: 検索結果

星の国上映会レビュー庄内町文化創造館響ホール10/31

|

皆様へ

10月31日(日) 山形県は庄内町文化創造館響ホールでの上映会レビューです。
今回は、「みんな違って、みんないいい...みんな一緒」という名で行われた障がい者と健常者が共に感動を共有する一大イベントで、映画「星の国から孫ふたり」を上映して頂きました。

きっかけは、去年2009年の秋。朝日新聞で「星の国」の記事をみつけた実行委員の鈴木さんが町のサークルで仲間だった飯野さんに記事を見せたことだそうです。自閉症の二男を持つ飯野さんには、この映画を上映しようと動き出しました。まず助成金を申請し、足りない分は自分達で直接地元の商店街や企業へ何度も通い、このイベントに対する思いを伝えて一口五千円のカンパ金を何本も集めました。映画上映後の別室でのシンポジウムでは槙坪監督と医療、教育の現場で働く先生方のトークを聞くことができ、パイプ椅子を追加しなければならないほど沢山の方が来てくださいました。
庄内町の町長・原田氏も参加され、シンポジウム終了後、行政は医療、教育、家庭それぞれの現場へどういった支援が必要とされているかについて関係者とお話されていました。

写真1.上映後のシンポジウム
shonai1.jpg

ステージパフォーマンスとしても、「山形身体表現の会」や、地元のダンスグループ、ピアニストやプロのデュオ「Iora」が集まり、大人や、子供、障害者や健常者、プロやボランティアなど様々な人がそれぞれの持つ表現を体を精一杯使って表現されている姿に、観客は感動の渦に包まれました。
白鶴が舞う美しい庄内の田園風景にそびえ立つ近代的な創造館響ホールには、延べ約800人を超える人の熱気に包まれました。

写真2. 「みんな一緒...」よさこいステージパフォーマンス
shonai2.jpg

帰りは、皆さんの暖かい見送りで帰路につきました。車で東京についたのは午前2時をまわっていましたが、興奮冷めやらぬ一同でした。
それにしても、庄内町はお肌の美しい方が多くいらっしゃいました。秘訣をきくと「水かしら?」との答え。鳥海山と月山の間に位置しおいしい雪どけ水の豊富な庄内平野では、お米も人もよく育つんですね。来年も引き続き同イベントをやる予定とのことです。

写真3.左から、飯野さん、鈴木さんと槙坪監督
shonai3.jpg

星の国実行委員会より

リンク画像<映画「星の国から孫ふたり」~「自閉症」児の贈りもの~製作協力金(カンパ)募集中!ご支援いただける方はクリックしてください>

"星の国"製作委員会は、映画の製作・上映に向けて製作協力金(カンパ)の募集をしています。映画「星の国から孫ふたり」完成、全国上映の実現のために、ご支援・ご協力をお願いいたします。目標の製作費5000万円、1万人の賛助を目指します。

記事タグ

世界自閉症啓発デー日本実行委員会の公式ページへ 「星の国から孫ふたり」あいち国際女性映画祭の感想文

星の国から孫ふたり~自閉症児の贈りもの~賛同者(応援者)の方々

赤松 彰子 "里の家・助産院"

秋元 良平 "盲導犬クィールの写真家"

有馬 百江 "NPO集合住宅管理組合センター理事"

五十嵐愛子 "新潟青陵大学准教授"

岩城 隆就 "シルバーヴィラ向山・アプランドル向山社長"

岩渕 秀夫 "日本自閉症協会会員、十月舎・増永"

梅村 康有 "(株)六甲出版販売代表取締役"

川名はつ子 "早稲田大学教員"

鎌田 真澄 "リウマチ友の会愛知支部長"

菅野 クニ "元保健師、チーフプロポーションカウンセラー"

木島 知草 "ひとり人形劇・がらくた座主宰"

小島 正美 "毎日新聞社東京本社生活家庭部編集委員"

河野美代子 "河野産婦人科クリニック院長"

後藤 節子 "秋田児童館館長、あきた子どもネット代表"

坂巻 克巳 "岩波書店・編集者"

武田富美子 "日本赤十字北海道看護大学教員"

千場  純 "横須賀市医師会理事"

堤  興亞 "一級建築士、(株)ベルプランニング社長"

徳永 瑞子 "アフリカ友の会代表 聖母大学教員"

久田  惠 "「母のいる場所」原作者、ノンフィクション作家"

蛭川  克 "北野同窓会71期有志代表"

福原壽万子 "医療法人社団文寿会 福原病院理事長"

藤元眞紀子 "社会福祉法人いきいき牧場理事"

松井 寛子 "おふぃす風まかせ"

松本侑壬子 "映画評論家"

村瀬 幸浩 "一橋大学・津田塾大学講師"

米倉斉加年 "俳優"

[社]企業メセナ協議会助成金制度認定下りました! 文化庁芸術文化振興基金助成に向け準備中です














ページのトップへ