映画「星の国から孫ふたり」〜「自閉症」児の贈りもの〜: 検索結果

南流山小学校での上映会模様(フォトレビュー)

|

皆様へ


7月12日(月)。
今回は、千葉県流山市の市立南流山小学校の児童、四年生〜六年生の皆さんに映画「星の国から孫ふたり」をみていただきました。

1.映画を真剣に観る児童達
naga2_2.jpg

映画の中でかおる君がおむつを並べるシーンで、お驚きの歓声が起きたり、人形劇で手をグーとパーの形にして拍手をするというシーンで児童達も自然と一緒になってグーとパーで拍手をしたりしていました。映画上映後、生徒の一人が、「今までは障害者に対して関心がなかったけど、映画を観て障害をもっている人がかわいそうだと思いました。これからはもっと触れ合っていけるようにしたいです」という感想を皆に伝えました。

南流山小学校は福祉に関する教育も行われ、「ふれ合い」そして「つながる」ことを大切にしているそうです。畑のある校庭で勉強する、のびのびとした児童の表情が印象的でした。


2.槙坪監督へお礼のあいさつ
naga2_2.jpg

星の国実行委員会より


「星の国」上映感想文の紹介ページを作りました!

|

皆様へ

6/19(土)〜二週間ロードショーat広島サロンシネマに向けてのあと一週間、前売協力券販売もおかげさまで大変好調です。
電話、Fax、メールからお申し込みを受けて、チケットを作成、発送する日々です。その間隙を縫いつつ、ついに「星の国から孫ふたり」上映感想文ご紹介のページが出来上がりました。

現在ベータ版なので、2010年3月27日の松本上映会の感想文のみのご紹介になります。
キーワード検索や、条件で絞って表示などの機能はまだ付いていませんが、これから段階的に実装していきます。

星の国から孫ふたり上映会を検討されている皆様はもちろん、劇場へ行こうかどうしようか迷っている方、「自閉症」問題に日々取り組んでいらっしゃる方、発達障害児・者ご本人、またそのご家族、友人知人、隣人に持つ方々、いままで興味の無かった方・・・・・・などなど本当に様々な立場から映画「星の国から孫ふたり」を通して、この問題に向き合っている貴重な、そして率直な意見・感想ばかりです。

是非、ご一読ください。

>>感想文紹介ページ(暫定版)へはトップメニューからもいけます

星の国実行委員会より

第2回目「星の国から孫ふたり」松本上映会

|

人形劇の木島知草さんと、実行委員会の皆様がまた「星の国」を松本に呼んでくださいました。去年松本に来た頃は紅葉が美しい季節でしたが今回は、桜が咲き始ている中での上映会。
その春のパワーを頂いたのか、去年よりさらにバージョンアップした松本上映会では、より多くの実行委員の方、ボランティアの方と、そして槙坪監督の熱いトーク、そしてアフリカンダンサー達の躍動的なパフォーマンスがフィナーレを飾りました!

1、上映実行委員会、アフリカンダンスのメンバーと皆さんと
matsu1.jpg


2、舞台でトークをする、監督と木島さん達
matsu2.jpg


星の国実行委員会

星の国上映会レポートat福井県国際交流会館

|

福井市の国際交流会館での『星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜』上映当日の模様です。

「弁当忘れても傘わすれるな」の言葉通り、ややあやしい雲行きに一同ハラハラしていましたが、上映実行委員会の方が早くから集まり準備を進めてくれ、お客さんと関係者で埋まった会場はあっと云う間に、にぎやかになりました。

fukui1.jpg

槙坪多鶴子監督の「ともに生きる」をテーマにした講演に頷く人が見られました。

fukui2.jpg



「星の国」試写会atノートルダム清心女子大学

|

皆様へ

ご無沙汰しておりました。

3月11日(木)、晴天の中、ノートルダム清心女子大学の白く美しいキャンパスをお借りしての試写会の模様をご紹介いたします。当事者、親や、福祉を勉強する大学生などが集まってくれました。

写真-15.jpg
実行委員の皆さん。この上映試写会は中学生の遼くんが映画「星の国」を支援したいと、言ったことがそもそものはじまりでした。本当にありがとうございました。

星の国実行委員会より


学童デイサービス"レ・マーニ"10周年記念上映会in町田

|

皆さまへ

3月05日(金)、学童デイサービス"レ・マーニ"の10周年記念上映会として上映をしてくれました。1日4回の上映にもかかわらず、会場には、本当にたくさんの方が足を運んでくださいました。親子ブースでは、親子がリラックスしながら映画をたのしんでおられました。上映後のミニコンサートではKyatの美しい歌声と演奏で会場は盛り上がりました。

1.Kyatのミニコンサート
machi1.jpg

2.写真は、レマーニの和田さんと監督、最後、監督への花束贈呈
machi2.jpg

3.実行委員のみなさんと監督
machi3.jpg


星の国実行委員会より

徳島つるぎ町上映会の模様(現地フォトレポート)

|

県西中央部親の会、副会長の佐古さんが、去年の12月、シネアルテで上映中の「星の国から孫ふたり」を見て感動し、その足で行った親の会の忘年会の日で「この映画の上映会やろうよ、やってみてダメなら自腹切るよ!」と呼びかけたことが始まりました。
suzaka1.jpgのサムネール画像

普段から活動が盛んな、古川会長率いる県西中央部親の会の呼びかけに、共同主催者となった美馬地域相談支援連絡会と相談し予算的なことを解決し、つるぎ町社会福祉協議会を始め、新聞社や教育委員会などの協力も得てたった2ヶ月そこらで、今回の上映会を成功させました。
tsurugi3.jpg

自作したチラシを地域の学校、他の親の会、育成会などに配布し当日は満員のお客さんがいらっしゃいました。当日は字幕を始め手話での講演会や、相談支援連絡会の親への相談コーナーなどもありました。
tsurugi4.jpg


長野須坂市上映会の模様(現地フォトレポート)

|

去年の10月の木島さんが主催した松本上映会で映画「星の国」を、須坂上映会のメンバーの方がご覧になり、須坂での上映を企画しました。
会場には木島さん一行や、障害のある方の手作りの素敵な染めの小物を売る夢工房さんや、実行委員の方、託児室のボランディアの方々が会場に集まり、ホールの開場の際には「3、2、1、0!」と皆のカウントダウンの声で、外で待つ大勢のお客さんをお迎えしました。
suzaka2.jpg

パオ一行は徳島上映会へ出発してしまいましたが、聞いたところのよると上映後、会場は歓喜の声が上がって観客と実行委員会が一体になり、大いに盛り上がったそうです。
suzaka3.jpg

所沢市民文化センター上映会の模様(現地レポート)

|

皆様へ

2/15(月)所沢市「星の国から孫ふたり」上映会現地のご報告です。

客層は、他の「星の国から孫ふたり」上映会にくらべて、中高年の方々の姿が目立った印象でした。日頃から、高齢化社会における地域活性化を推進し、積極的に活動をおこなっていらっしゃる「折り梅の会」ならではの上映会でした。
星の国から孫ふたり」と「母のいる場所」の二本立て上映+監督の講演にもかかわらず、多くの方が最後まで参加されました。

皆さまのパワフルさに負けない様に、我々星の国実行委員会も更に全国上映会に向けて取り組んでいきたいと思います。

1.折り梅の会、上映実行委員会の皆様と槙坪監督
20100215zawa1.jpg


2.雨の降る寒い一日でしたが、多くの方がご来場くださいました
20100215zawa2.jpg


星の国実行委員会



浜松市CINEMA e~ra 好評につきアンコール上映決定!

|

皆さまへ

新年はじまって早くも3カ所、年度内に上映会が決まっています。
ここにきてようやく、全国の自治体、社会福祉協議会の皆様へ情報が行き届き、動きが出てきました。
4月2日の世界自閉症啓発デーに向けて、星の国から孫ふたり実行委員会として、大いに盛り上げて参りたい所存です。

昨日18日(月)までの3日間、静岡浜松市の劇場Cinema e~raで「星の国から孫ふたり」が上映されましたが、好評につきアンコール上映が決まりました。
満席により、ご入場できなかったお客様が多数いらっしゃった模様で、改めてモーニング上映というかたちで再上映いたしますので、お並びいただいたお客様へこの場を借りてお詫びとご報告とさせてくださいます様よろしくお願い致します。

上映詳細(時間は現在未定ですが、モーニング上映なので朝1回とお考えください)はこちらへ。
随時更新されますので、ご来場前には必ず再確認されることをお勧めします。

星の国実行委員会より


「星の国から孫ふたり」秋田、盛岡上映会の模様

|

11/6秋田市 秋田県児童会館、11/7盛岡市 岩手教育会館大ホールでの上映会の模様を現地レポします。

【11/6秋田市 秋田県児童会館
1.会場になった旧こども劇場、現在けやきシアター
akita0.jpgのサムネール画像

2.赤一色で統一された、レトロな雰囲気の会場でした
akita2.jpgのサムネール画像

3.遊園地のような、会場併設の児童館です
akita1.jpgのサムネール画像

4.上映後、槙坪監督の前にサインを求めて長蛇の列が
akita4.jpgのサムネール画像

5.「星の国から孫ふたり」秋田上映実行委員会の皆様と
akita3.jpgのサムネール画像

【11/7盛岡市 岩手教育会館大ホール
1.テレビ岩手でも「星の国から孫ふたり」CMが
morioka1.jpgのサムネール画像

2.大ホールにたくさんのお客さんが来られました
morioka2.jpgのサムネール画像

3.上映実行委員会の藤元さんと、槙坪監督の舞台挨拶
morioka3.jpgのサムネール画像



皆様のおかげで大盛況のもと終わりました。

星の国実行委員会より




松本市上映会の模様をご紹介

|

皆様へ

今日は、10月30日,31日と2日間、開催中の「星の国から孫ふたり」松本上映会の現地の様子を写真付きでリアルタイムでご紹介いたします。

1.晴天にめぐまれた、長野県松本市。会場は松本総合社会福祉センターです。
5.jpg

2.インフルエンザの影響で長野県での集会には自粛要請が出てしまった関係で、当初危ぶまれましたが、無事開催でき、満員御礼です。ご来場くださいました皆様へ心より感謝申し上げます。
2.jpg

3.映画と同様に危ぶまれた、恒例の槙坪監督による講演会も、無事行われ大盛況でした。司会は出演くださった、木島知草さん。手話通訳付きです。
3.jpg

4.心暖まる手作りのチケットを拝借。松本市に限らず、余計な経費をかけない主催者、上映実行委員会の方達のアイデアには毎回感心いたします。
6.jpg

5.なんと託児所も完備! 子どもがいると映画館のような場所へは足を運びにくくなるところ、これは安心ですね。
7.jpg

6.松本城の前で記念撮影。天気に恵まれた松本上映会でした。
1.jpg

11月6日〜今度は、秋田と盛岡へ「星の国から孫ふたり」上映会の旅です。
その模様もご紹介できれば致します。

星の国実行委員会より







映画「星の国から孫ふたり」文科省選定をいただきました

|

皆さまへご報告です。

文部科学省から通知が来ました。審査申請が通り、映画「星の国から孫ふたり」が文部科学省選定をいただきました。詳細は以下の通りです。

作品名『「星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜』

評価:文部科学省選定
分類:一般劇映画
対象:少年向き、青年向き、成人向き、家庭向き


これを機に、盛り上がってきた全国上映会に更にはずみをつけたいと思います。

星の国実行委員会より

【名古屋シネマスコーレ】星の国ロードショー

|

劇場ロードショーのご案内です。

●名古屋シネマスコーレ
9月19日(土)〜10月9日迄
初日に監督の舞台挨拶があります。
【1回目】10:30 【2回目】12:20 【3回目】14:10

あいち国際女性映画祭2009も大盛況に終わり、劇場初公開はこちらのシネマスコーレさんから、
さらに全国各地で上映会がスタート致します。
お近くにお住まいの方はぜひ、この機会にご覧になってください。

 パオの上映スケジュールからシネマスコーレの詳細がご確認いただけます

【上映会】星の国から孫ふたり

|

皆さまへ

映画『星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜』に特別出演している人形劇「がらくた座」の木島知草さんは、第3作『地球っ子』で出演されて以来、槙坪監督の大親友でもあり、お住まいの長野県松本市で積極的にパオ作品の上映会を開いていただいてます。

今作も、さっそく上映実行委員会メンバーを集め『星の国から孫ふたり』上映会を開いて下さるそうです。

【 日時 】
10月30日(金) 18:30〜21:00
10月31日(土) 10:00〜12:30

上映(95分)、監督おはなし(30分)
字幕、手話、通訳付

【 場所 】
松本市総合社会福祉センター4Fホール


上映スケジュール詳細は、パオの上映会スケジュールをご確認ください。


星の国実行委員会

【新聞】映画と槙坪監督の記事が掲載

|

皆様へ

本日8月16日(日)の朝日新聞に、映画「星の国から孫ふたり」と槙坪監督の紹介記事が掲載されました。日曜日にも関わらず早くもチケット申し込みのお電話が入っています。

関東圏での劇場・自主上映会の前売券について、製作委員会・パオ発行の共通鑑賞券を作ります。
現在決まっている上映は以下の通りです。

11月21日(土)下高井戸シネマ <一週間上映>
12月07日(月)練馬文化センター・小ホール
12月09日(水)烏山区民会館

前売券:大人1,000円

星の国実行委員会より

星の国から孫ふたり上映スケジュールの最新情報は、
企画制作パオのHP上映スケジュール一覧よりご確認ください。




星の国から孫ふたり【予告篇】動画up

|

皆様へ

昨日は、お忙しい中、「星の国から孫ふたり」完成試写会へお越し頂きましてありがとうございました。
早速、あがってきた「星の国から孫ふたり」予告篇の動画をYouTubeへupしました。



より高画質での視聴をご希望の方は、直接動画ページへ、プレイヤーの右下部分にある「HQ」を押して下さい。

「星の国」製作進行状況ご報告

|

皆様へ

8月6日に、完成試写を行ないます。
おかげさまで、すでに初回の定員は一杯です。

これからお申し込みされる関係者の方々、エキストラ、協力者の方々へは、大変ご迷惑おかけいたしますが、2回目の上映にご参加いただきます様よろしくお願いします。

9月2日に、あいち国際女性映画祭2009に正式出品します。世界(日本)初公開プレミア上映です。皆さま、ぜひ足をお運びください。

同じく9月19日(土)より愛知県シネマスコーレにてロードショー(3週間予定)公開され、これを皮切りに全国公開します。
ここまでこれたのも、皆さまのご支援・協力あってのこと。感謝申し上げます。また、全国各地での上映会活動や劇場ロードショー等、この「星の国から孫ふたり」が多くの方々の目に届く様に、私たち実行委員会もより一層の働きかけをしていきますので、皆様のサポートよろしくお願い申し上げます。

星の国実行委員会

パオの「星の国から孫ふたり」紹介ページが更新されました。

星の国から孫ふたりの貸出料金ご案内

|

皆様へ

本篇編集作業が本日終了し、7月からはいよいよ音付け作業に入っていきます。
7月末にダビングを終えて、8月6日が完成試写予定日です。

9月2日のあいち国際女性映画祭がワールドプレミア上映、それを皮切りに全国で自主上映会の動きを興していきたいと今、協力を仰いでいます。

企画制作パオのホームページの情報も更新されています。作品案内は、星の国から孫ふたりのページへ。
映画『星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜』のフィルム貸出料金と説明は、パオのホームページ「上映を企画される方へ」に載っています。上映を企画される方はご検討ください。

PDF書類(15KB)でも配布されています。印刷用にはこちらをご活用ください。
映画「星の国から孫ふたり」貸出案内PDFファイル

星の国実行委員会

クランクインー雨降って地固まるー

|

DSC_0207.JPGのサムネール画像4月1日、ついにクランクインしました。
本日は映画のオープニングシーン、主人公の弓子(馬渕晴子さん)がオーティズム、自閉症に初めて接する、という重要な場面の撮影でした。

世田谷線の松原駅前、電車と車、通行人の行き交う踏切前での芝居ということもあって、撮影は難航。さらに線路工事と近隣マンションの工事が重なり予定より大幅に遅れて二つのシーンを撮り終えました。そのあと公園へ移動する中で、ついに雨が降ってきてしまい、残り1シーンは残念ながら明日以降に。

DSC_0215.JPG
初日から大変な立ち上がりになり、スタッフ一同奔走する中、槙坪監督の一言「雨降って地固まる」にあやかって、明日からも撮影の無事を願いたいと思います。

星の国実行委員会より

【動画】3/5の製作発表の模様をup!

|

hoshi_DSC3898.jpgのサムネール画像

2009年3月5日に世田谷・北沢タウンホールにて映画『星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜』の製作発表を行ないました。星の国実行委員会からは4名、応援者が参加いたしました。

前列左から、弓子役の馬渕晴子さん、槙坪夛鶴子監督、原作者の門野晴子さん、映画の賛同者で社団福祉法人いきいき牧場理事の藤元眞紀子さん、かおる(3歳)役の小野貴流くん、抱いてらっしゃるのが陽子役の加藤忍さん、そしてかおる(7歳)役の小野駿希くん、です。

後列左から、映画の賛同者で日本自閉症協会会員でもある十月舎の増永秀夫さん、脚本の下島三重子さん、あき役の乾貴美子さん、敏夫役の比留間由哲さん、そして星の国実行委員会のメンバー内山荘一郎さん、永田正照さん、永田マキ子さん、です。
こちらに映っていない方で賛同者で北野同窓会71期有志代表の蛭川克さんも駆けつけてくださいました。

ー【動画】星の国から孫ふたり製作発表ー



星の国実行委員会YouTubeのURL
http://www.youtube.com/watch?v=UfOPYddM1Xg

「星の国」子役オーディションの模様(動画)

|

2009年2月9日に世田谷でおこなわれた、映画『星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜』の子役オーディションの模様です。実際に劇中のシーンを演じてもらっています。



星の国実行委員会YouTubeのURL
http://www.youtube.com/watch?v=GNkr0xIXnHc

リンク画像<映画「星の国から孫ふたり」~「自閉症」児の贈りもの~製作協力金(カンパ)募集中!ご支援いただける方はクリックしてください>

"星の国"製作委員会は、映画の製作・上映に向けて製作協力金(カンパ)の募集をしています。映画「星の国から孫ふたり」完成、全国上映の実現のために、ご支援・ご協力をお願いいたします。目標の製作費5000万円、1万人の賛助を目指します。

記事タグ

世界自閉症啓発デー日本実行委員会の公式ページへ 「星の国から孫ふたり」あいち国際女性映画祭の感想文

星の国から孫ふたり~自閉症児の贈りもの~賛同者(応援者)の方々

赤松 彰子 "里の家・助産院"

秋元 良平 "盲導犬クィールの写真家"

有馬 百江 "NPO集合住宅管理組合センター理事"

五十嵐愛子 "新潟青陵大学准教授"

岩城 隆就 "シルバーヴィラ向山・アプランドル向山社長"

岩渕 秀夫 "日本自閉症協会会員、十月舎・増永"

梅村 康有 "(株)六甲出版販売代表取締役"

川名はつ子 "早稲田大学教員"

鎌田 真澄 "リウマチ友の会愛知支部長"

菅野 クニ "元保健師、チーフプロポーションカウンセラー"

木島 知草 "ひとり人形劇・がらくた座主宰"

小島 正美 "毎日新聞社東京本社生活家庭部編集委員"

河野美代子 "河野産婦人科クリニック院長"

後藤 節子 "秋田児童館館長、あきた子どもネット代表"

坂巻 克巳 "岩波書店・編集者"

武田富美子 "日本赤十字北海道看護大学教員"

千場  純 "横須賀市医師会理事"

堤  興亞 "一級建築士、(株)ベルプランニング社長"

徳永 瑞子 "アフリカ友の会代表 聖母大学教員"

久田  惠 "「母のいる場所」原作者、ノンフィクション作家"

蛭川  克 "北野同窓会71期有志代表"

福原壽万子 "医療法人社団文寿会 福原病院理事長"

藤元眞紀子 "社会福祉法人いきいき牧場理事"

松井 寛子 "おふぃす風まかせ"

松本侑壬子 "映画評論家"

村瀬 幸浩 "一橋大学・津田塾大学講師"

米倉斉加年 "俳優"

[社]企業メセナ協議会助成金制度認定下りました! 文化庁芸術文化振興基金助成に向け準備中です














ページのトップへ