映画「星の国から孫ふたり」〜「自閉症」児の贈りもの〜: 検索結果

3/21の岡山県玉野市福祉チャレンジフォーラム「星の国」上映会の模様

|

皆様へ

「障害のある人が、さまざまな分野でチャレンジできる環境づくり」を理念に、玉野市が設置者となって障害のある人々のくらしを支えるための普及啓発活動。その一環として行われた今回の映画『星の国から孫ふたり〜〜「自閉症」児の贈りもの』上映会(3月21日、荘内地域市民センター)の模様をご紹介いたします。

午前中は、玉野市出身の竹内俊一氏と高原亮治氏を講師に迎え「成年後見人の必要性及び役割」、「日本の社会保障の行方」について講演、午後からは、映画「星の国から孫ふたり」上映と槙坪夛鶴子監督の講演がおこなわれました。槙坪監督にとっては、前々作「老親ろうしん(2000年)」、前作「母のいる場所(2003年)」につづいて3回目の上映講演会で、こうして実現するはこびとなった事への想いも一入だった様子です。

tamano2.jpg

また玉野市障害者自立支援協議会、五嶋幹雄会長から挨拶もあり、ここに同協議会・玉野市チャレンジフォーラム実行委員会からのメッセージとしてご紹介したいと思います。

 "このたびの東日本大震災により、多くの方の尊い命が失われたことに、この場をお借りして、深い哀悼の意を表します。甚大な被害を受けられました被災地の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈り申し上げる次第です。
 今回、障害を負う方々や、その家族が将来にわたり安心して暮らすことのできる地域社会のあり方について理解を深めていただくことを目的に、このフォーラムを企画いたしました。このような時であるからこそ、微力ながら、会場での募金活動を含め、障害や病を負う方、高齢者、乳幼児・子どもなど、いわゆる「災害弱者」と呼ばれる方々への物心両面の支援のあり方について、今、ともに考えていくことが、私どもでできることではないかと考え、予定通り開催することといたしました。(中略)
 被災地では、今まさに、多くの高齢者施設・障害者福祉施設も災禍に見舞われ、障害を負う人々やそのご家族も過酷な状況におかれていると聞き及んでいるところではございますが、このフォーラムが、さまざまな困難を克服することのできる、豊かな地域を育てていくための一助となりますことを、祈念いたしております。"

tamano_1.jpg

星の国実行委員会より

リンク画像<映画「星の国から孫ふたり」~「自閉症」児の贈りもの~製作協力金(カンパ)募集中!ご支援いただける方はクリックしてください>

"星の国"製作委員会は、映画の製作・上映に向けて製作協力金(カンパ)の募集をしています。映画「星の国から孫ふたり」完成、全国上映の実現のために、ご支援・ご協力をお願いいたします。目標の製作費5000万円、1万人の賛助を目指します。

記事タグ

世界自閉症啓発デー日本実行委員会の公式ページへ 「星の国から孫ふたり」あいち国際女性映画祭の感想文

星の国から孫ふたり~自閉症児の贈りもの~賛同者(応援者)の方々

赤松 彰子 "里の家・助産院"

秋元 良平 "盲導犬クィールの写真家"

有馬 百江 "NPO集合住宅管理組合センター理事"

五十嵐愛子 "新潟青陵大学准教授"

岩城 隆就 "シルバーヴィラ向山・アプランドル向山社長"

岩渕 秀夫 "日本自閉症協会会員、十月舎・増永"

梅村 康有 "(株)六甲出版販売代表取締役"

川名はつ子 "早稲田大学教員"

鎌田 真澄 "リウマチ友の会愛知支部長"

菅野 クニ "元保健師、チーフプロポーションカウンセラー"

木島 知草 "ひとり人形劇・がらくた座主宰"

小島 正美 "毎日新聞社東京本社生活家庭部編集委員"

河野美代子 "河野産婦人科クリニック院長"

後藤 節子 "秋田児童館館長、あきた子どもネット代表"

坂巻 克巳 "岩波書店・編集者"

武田富美子 "日本赤十字北海道看護大学教員"

千場  純 "横須賀市医師会理事"

堤  興亞 "一級建築士、(株)ベルプランニング社長"

徳永 瑞子 "アフリカ友の会代表 聖母大学教員"

久田  惠 "「母のいる場所」原作者、ノンフィクション作家"

蛭川  克 "北野同窓会71期有志代表"

福原壽万子 "医療法人社団文寿会 福原病院理事長"

藤元眞紀子 "社会福祉法人いきいき牧場理事"

松井 寛子 "おふぃす風まかせ"

松本侑壬子 "映画評論家"

村瀬 幸浩 "一橋大学・津田塾大学講師"

米倉斉加年 "俳優"

[社]企業メセナ協議会助成金制度認定下りました! 文化庁芸術文化振興基金助成に向け準備中です














ページのトップへ