映画「星の国から孫ふたり」〜「自閉症」児の贈りもの〜: 検索結果

8/21香川・観音寺市立豊浜図書館での上映会の模様(写真あり)

|

皆様へ


8/21(土)香川県西の瀬戸内海に面した観音寺の街で上映がありました。
観音寺市で11名の自閉症児のお母さん達が活動している「のびのびくらぶ(障がい児と家族の余暇活動サークル)」が、「星の国から孫ふたり」を上映して下さいました。2009年の秋、のびのびくらぶ代表の牧野さんが新聞で「星の国」のことを知り、原作を読んでくださったことがきっかけです。

今は精力的に活動している牧野さんが数年前、自閉症のわが子のことで市の社会福祉課を初めて訪れた頃は笑顔もなく悲壮感が漂っていたそうです。それが今では、親を集めて「のびのびくらぶ」を作り、市やNPOひまわりとサポートし合い、支えあいながら元気に子育てをしています。

上映当日、福祉関係者、教育関係者、一般の方など250名以上が映画を見に会場に訪れました。
(写真)一日二回、250名以上の方にご来場いただきました
kanon1.jpg

のびのびくらぶの子どもが通う幼稚園の先生も「よくわかった」、「映画を見に来て本当よかった」と言って下さいました。ママ達の話によると、上映会は、家族内の「自閉症への理解」にも一役買っています。なかなか自分の孫が「自閉症」と認められなかった祖母父の方も、まず映画上映会場に足を運ぶことで、障がいに歩み寄る第一歩をふみだすきっかけになっているようです。「家族に理解されないことが一番つらい」とママ達は本当にしみじみ言います。

牧野さんは上映時のあいさつで「この映画は、物語ではなく私達自身の姿です。今日、皆さんが映画から感じたことをずっと心に留めておいて頂ければ」と話されていました。

(写真)上映実行委員の皆様と槙坪夛鶴子監督
kanon1.jpg


現在、のびのびくらぶでは、滋賀県米原市発達障がい児を持つ親の会「でこぼこフレンズ」と一緒に発達障がい者の手帳制定を求める署名活動をしています。発達障がい者により適切な支援を求め、トータルで20万人の署名を目標にしています。観音寺市でも署名のため請願書を庁舎でまわしてくれたり、教育委員会が各学校へ配ってくれたりと一体となって動きだしています。もし、「署名したい!」という方があれば下記に詳細を見てみてください。どうぞ、リンクから請願書をダウンロードしてお役立て下さい。

星の国実行委員会より

>>発達障害者手帳請願書ダウンロードページはこちら

リンク画像<映画「星の国から孫ふたり」~「自閉症」児の贈りもの~製作協力金(カンパ)募集中!ご支援いただける方はクリックしてください>

"星の国"製作委員会は、映画の製作・上映に向けて製作協力金(カンパ)の募集をしています。映画「星の国から孫ふたり」完成、全国上映の実現のために、ご支援・ご協力をお願いいたします。目標の製作費5000万円、1万人の賛助を目指します。

記事タグ

世界自閉症啓発デー日本実行委員会の公式ページへ 「星の国から孫ふたり」あいち国際女性映画祭の感想文

星の国から孫ふたり~自閉症児の贈りもの~賛同者(応援者)の方々

赤松 彰子 "里の家・助産院"

秋元 良平 "盲導犬クィールの写真家"

有馬 百江 "NPO集合住宅管理組合センター理事"

五十嵐愛子 "新潟青陵大学准教授"

岩城 隆就 "シルバーヴィラ向山・アプランドル向山社長"

岩渕 秀夫 "日本自閉症協会会員、十月舎・増永"

梅村 康有 "(株)六甲出版販売代表取締役"

川名はつ子 "早稲田大学教員"

鎌田 真澄 "リウマチ友の会愛知支部長"

菅野 クニ "元保健師、チーフプロポーションカウンセラー"

木島 知草 "ひとり人形劇・がらくた座主宰"

小島 正美 "毎日新聞社東京本社生活家庭部編集委員"

河野美代子 "河野産婦人科クリニック院長"

後藤 節子 "秋田児童館館長、あきた子どもネット代表"

坂巻 克巳 "岩波書店・編集者"

武田富美子 "日本赤十字北海道看護大学教員"

千場  純 "横須賀市医師会理事"

堤  興亞 "一級建築士、(株)ベルプランニング社長"

徳永 瑞子 "アフリカ友の会代表 聖母大学教員"

久田  惠 "「母のいる場所」原作者、ノンフィクション作家"

蛭川  克 "北野同窓会71期有志代表"

福原壽万子 "医療法人社団文寿会 福原病院理事長"

藤元眞紀子 "社会福祉法人いきいき牧場理事"

松井 寛子 "おふぃす風まかせ"

松本侑壬子 "映画評論家"

村瀬 幸浩 "一橋大学・津田塾大学講師"

米倉斉加年 "俳優"

[社]企業メセナ協議会助成金制度認定下りました! 文化庁芸術文化振興基金助成に向け準備中です














ページのトップへ